それは、福祉的な行為のために忙しい人であり、実にりっばな人物である場合が多い。こういう人は自分の仕事だけでも常に多忙であるにもかかわらず、時間を見っけてはあれこれとささやかな善意の行為をしている。

  大規模な公共事業の一環として個人に時間的・金銭的援助が求められた場合、最も大きな授助を惜しまないのは最も多忙で当然最も小さな援助しか期待されていなかったような人物である。そんな話をしばしば耳にする。
 

2